ヌケる動画で快適官能ライフをエンジョイする

素人の輝き

素人とは?

「素人」とは、日本語的に言えば「玄人」の反対語で、事にあたってその専門性を持っていないこと、つまりある事をするとき、その事のやり方を知らない人のこと。
大工の素人は釘の打ち方を知らず、素人のドライバーはハンドルテクニックがゼロであり、セックスの素人はそれを仕事としてではなく純粋に快楽を求める行為として楽しむ。
性の行為であるセックスを仕事にしている人は世の中にいろいろといるけれど、ここでは特に映像関係の分野に的を絞る。
僕らはマイホームを持とうとするとき、素人の大工にオファーはしない。熟練の大工ほど腕がよく、良い家を建ててくれることを知っているからだ。というか、大枚をはたいて素人大工なぞに家など任せたら、何が出来るか分かったものではない。
しかし、エロ動画を見るとき、僕らはしばしば素人に惹かれる。レンタルビデオの店では、のれんをくぐって「素人」のコーナーを目指し、ネットで動画を見る際には「素人」を検索ワードにする。
なぜか?エロ動画の素人には、魅力があるからなのだ。

素人動画の見方

上にも書いたように、素人が出演しているエロ動画を見たいのなら、レンタルビデオショップに行くか、ネット上の動画サイトに当たることだ。もちろんセルビデオを買うのもいい。
エロ動画を見るには、買うか借りるかネットに当たるか、今ではその3種類の方法が思いつくけれど、どこにでも「素人」というジャンルはある。
それだけではない、エロ動画を見たついでにいわゆる「オトナのお店」のサイトを見てみると、そこでも頻繁に「素人」の文字を目にするのだ。
これだけ見てみても、エッチな事柄に関して言えば、素人というのは並々ならぬ関心を持たれているということが分かるだろう。みんな素人大工には家造りを任せないくせに、「今夜のオカズ」は素人に任せてしまうのである。
なぜか?プロの女優が出演しているエロ動画も、もちろん僕らを大興奮させるのだが、時にはそれにも増して素人モノの動画が僕らを魅了するのは、いったいなぜなのか!?
たぶんその答えを簡単に言うならこういうことだ。
素人には、輝きがある。それは、素人しか持つことの出来ない、稀有な輝きなのだ。

生々しさの魅力

素人の出演するエロ動画の最大の魅力とは、何と言ってもその生々しさにあると言えるだろう。そのへんを歩いているリアルなお姉さんや奥さんが出演しているため、身近な女性のプレイが楽しめる。

素人モノと企画モノ

素人モノのエロ動画は、企画モノの動画と相性がいい。出演している女優が無名であればあるほど、企画そのものの面白さは映えることになる。戸惑いつつ始まり、やがて企画に没頭してゆく素人の姿が、魅力的なのだ。

世界の素人

エロ動画は国境を超える、そして外国にもエロの素人はいる。というわけで、エロ動画の「洋モノ」についても考えないわけにはいかないだろう。下半身の国際交流を前に、動画で世界の素人を学んでおくのも良いだろう。